従業員満足度調査

ES調査でおさえる3つのポイント

ES調査でおさえる3つのポイント

ここまでES調査について、大切になってくる点の一部を紹介してきましたが、最後にもう一度そのポイントを振り返ってみましょう。

 

 

ES調査を計画し、実施していくに当たっては、次の3つのポイントをおさえておくことが大切です。

 

1. ESについて理解した上で、失敗しない調査の設計をする
2. ESで重要になってくる観点でデータの分析を行う
3. 調査だけで終わってしまわないように、ESアップの対策を考える

 

 

この3つの点を意識しながら調査を行っていくことが大切になってきます。

 

 

 

まず、「ESについて理解した上で、失敗しない調査の設計をする」についてですが、そもそも何のためにこのようなアンケートを実施するのか、実施する必要があるのかという基本の部分をしっかりとおさえておくことが必要です。

 

いくら全従業員がアンケートに回答をしたとしても、その質問の設計がしっかりとされていなければ、後の分析プロセスで満足できる分析ができないという事態にもなり兼ねません。

 

質問を設定するところから、最終的にどんな分析をして、どんなアクションをとっていくかという流れが、最初の設計の時点でしっかりできていなければ調査は上手くはいきません。

 

またES調査だから起きる問題を把握し、事前に防ぐことも大切です。不特定多数に行う街頭やネットでのアンケートとの違いをおさえて、失敗しない調査手順で進めることが大切です。そこを誤ってしまうと、従業員満足度調査自体が、従業員の不満を招くという本末転倒な結果になってしまいますから十分注意が必要です。

 

 

 

次に、「ESで重要になってくる観点で、データの分析を行う」ということですが、データ分析ではどのような視点が必要なのかをおさえておくことが大切です。

 

集計や分析をして表やグラフにまとめるのは、確かに手間もかかり大変な作業ですが、一番重要なのはそのグラフや表から何を読み取るかということです。

 

同じグラフや表を見ても、ある人はその問題点に気づくけれども、ある人は見過ごしてしまうということはありえます。微妙な数値の差異やコメント内のキーワードなど、ESで重要になる注目すべき点をおさえておくことも必要です。

 

 

 

最後に、「調査だけで終わってしまわないように、ESアップの対策を考える」ということについてですが、最初の設計の時点にも共通しますが、何のために調査を行うのかということを、どの段階でも意識しておく必要があります。

 

調査を行っただけで、社内の問題が改善されるわけではありません。その結果を基に何ができるかという、検討材料としての客観的なデータがあるのですから、分析結果を次のアクションのために役立てなくてはいけません。

 

ES調査の結果を単なる成績表のように受け止めるのではなく、これから改善や向上をしていくための参考データとして活用していくことが大切です。

 

 

 

以上、3つの大きなポイントについてみてきましたが、このようにES調査は適切な設計、分析、対策の検討をきちんと行っていれば、非常に役立つ情報源になります。

 

 

ES調査はアンケートに協力してくれる人を探さなくてはいけないような一般の調査と違い、やろうと思えばどんな会社や組織でも直ぐに行うことができます。

 

是非、従業員満足度調査を会社や組織の向上に役立ててください。


ホーム サイトマップ